高齢者の病気

カウンセリング

うつ病というと、サラリーマンなどの社会人に多い病気と思われることが多いでしょう。ですが、高齢者でも発症する危険性のある病気なのです。病気を発症する原因は様々で、生活環境の変化や家族との死別、自尊心の喪失などが考えられています。まず、高齢者がうつ病になってしまう原因や症状などについて知ることが大切です。高齢者の場合には会社を退職したり、伴侶との死別といった生活環境の変化が起こりやすいと言われています。基本的に孤独を感じやすいとされているのです。孤独を感じることで、ストレスを生じる場合があります。高齢者の場合、孤独によって将来に対しての不安などを感じやすくなるのです。また、喪失体験からの心理的ストレスを感じることも多いので気をつけましょう。更に高齢者の場合は精神的にも肉体的にも衰えが隠せません。若い頃にはできていたことが、歳を重ねることによってできなくなってしまうのです。そのようなギャップが原因でストレスを生じさせてしまいます。うつ病の症状としては心の症状が有名ですが、高齢者の場合は身体の症状を訴えることも多いのです。身体の症状は老化が原因だと考えてしまうことが多く、病気の発見が遅れる場合が非常に多いとされています。高齢者のうつ病では頭痛や目眩、疲労感や息切れ、食欲不振や睡眠障害、吐き気や口腔内の渇きなどが挙げられるでしょう。このような症状は、別に病気の前触れと似ていることも多いのです。さらに、疲労感や息切れなどは歳を取ったことで体力がなくなってしまっただけと思われることも少なくないでしょう。このような症状に加えて強い焦燥感や不安、落ち着きがなくなるなどといった症状がある場合はうつ病の可能性が高くなります。ぼんやりと物思いに耽ることも多いですが、高齢者だからと放置してしまうことが原因で症状はより悪化してしまうのです。基本的に社会との繋がりを持つように意識すると、孤独感も薄れるのでストレスを軽減できます。高齢者のうつ病予防には人との関わりが重要になってくるのです。基本的に若い方との交流も良い刺激になると言われています。高齢者の場合は、似たような病気にかかるリスクも高まるので、専門の医師と積極的に相談しながら対策を施すと良いでしょう。