接し方に注意する

背広の人

うつ病が悪化してしまう原因として挙げられるのが、患者に対する周囲の人間の接し方です。周囲の人間がどのように患者に対して接しているかが、病気の治療に大きく影響してきます。基本的にそっとしておくのがベストです。うつ病の患者はとても繊細で、何か言葉をかけた場合に自分なりに解釈して受け取ることが多くなります。言葉を欠けた側とは違う解釈をしてしまうのです。例えば、周囲の方が病気が早く治ることを祈って「頑張れ」と声をかけたとします。この病気の患者は「頑張れ」という言葉に対して「頑張りが足りない」「早く病気を治せ」といった具合に別の解釈をしてしまうのです。「頑張れ」という言葉が余計にプレッシャーをかけてしまう原因となり、余計に症状が悪化します。基本的にこの病気の患者に「頑張れ」という言葉は禁句なのです。病気の治療を急かされていると勘違いしてしまいます。また、うつ病治療には長い時間が必要で、その間ストレスフリーで治療に専念しなければいけません。できるだけそっとしておく必要があるのです。一般的に、この病気に関わりすぎると病気がうつると言われることがあります。理由として考えられることは、この病気の患者のサポートには気を使うのでストレスを感じてしまうのが原因でしょう。あまり関わり過ぎてしまうと、サポートする側にまでストレスを生じさせる厄介な病気なのです。敢えて患者に干渉せずに放置するのには、このような理由もあるのでしょう。基本的に患者に関わりすぎてしまうと、双方にストレスが生じます。できるだけ互いにストレスが生じない距離感を保つことが治療には大切なのです。この病気の患者に接する際には、言動に気を付ける必要があります。何気ない一言が、症状を悪化させる原因になるからです。このように、ちょっとした言動に気をつけて患者に接していると、とても大きなストレスを生じさせてしまうでしょう。例えば家族が病気になった場合は、周囲の家族がどのように接するべきか医師に指導してもらう必要があるでしょう。そうすることで、周りの家族に掛かる負担も小さくすることができるのです。一般的にうつ病の原因はストレスだと考えられているので、患者と周囲の人間両方のストレスを軽減させる必要があります。