原因を知る

ハートを持つ人

一般的に精神疾患の原因とされているのが、ストレスです。うつ病も精神疾患の一つで、最も有名な精神疾患と言えるでしょう。このような病気の原因とされているストレスですが、ストレスにもいくつか種類があるので紹介していきます。まず、心理的ストレスですが、自分自身の感情や心の変化に由来するストレスです。親しい家族や友人、恋人との別れによって喪失体験を経験すると気分が落ち込んでしまいます。このような感情の変化によって生じるストレスが心理的ストレスなのです。また、勉強やスポーツ、仕事で失敗したり、挫折したりすると自信を失ってしまいます。自信を失ったことによって勉強やスポーツ、仕事に対して苦手意識が芽生えるでしょう。それがストレスに感じるのです。自信を失い落ち込んでいる場合には注意する必要があります。また、感情を抑制することが原因でストレスを生じさせることもあるので、感情を表現する機会が少ない方は心理的ストレスを溜めている可能性があるのです。特に、怒りや悲しみなど負の感情を抑制すると、強いストレスが掛かります。心も身体も緊張し、頭痛や肩こりといった症状が現れる場合もあるでしょう。このような身体的症状が身体的ストレスとなり、心理的ストレスと同時に感じることもあります。とても大きなストレスとなるので、趣味やカウンセリングなどで心理的ストレスを解消することが大切になるのです。放置しておくと、うつ病のリスクを高めてしまうでしょう。社会的ストレスは、一般的に学校や会社などの特定の組織内での人間関係に由来しています。勉強や仕事に対する重圧や期待などをストレスに感じてしまうのです。基本的に生真面目で几帳面な方は社会的ストレスを感じやすいと言われています。うつ病の患者に生真面目で几帳面な完璧主義者が多いのも、心理的ストレスを感じやすいことが原因と考えられているのです。特に生真面目で几帳面な完璧主義者が社会人の場合は、仕事や人間関係に不満や意見があっても自分1人で対処しようと頑張ってしまう傾向があります。余計にストレスを溜めてしまうことになり、病気を発症させてしまうリスクが高まってしまうのです。社会的ストレスを含め、ストレスは人によって感じ方が変わってきます。まずは、誰かに相談することでストレスを軽減させることができるでしょう。誰にも相談できない時は、うつ病専門の医師に相談するのがベストです。